bisbiglio

アクセスカウンタ

zoom RSS bisbiglio di oggi 170309

<<   作成日時 : 2017/03/09 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はサンキューの日?!超嬉しいニュースを見っけたヾ(*´▽`*)ノ

ハセジュンの映画初出演作「浅草・筑波の喜久次郎」DVD発売&レンタル決定!ヾ(*´▽`*)ノ待ってたー!DVD出るのかちょっと不安だったからめっちゃめちゃ嬉しいーーーーー!!!!このニュース2月中に映画公式サイトにアップされてたのねー。全然気づいてなかったわ(^_^;)久しぶりに覗いたら発見☆

浅草・筑波の喜久次郎?浅草六区を創った筑波人? [ 松平健 ]
楽天ブックス
松平健 長谷川純 戸井智恵美発売日:2017年06月02日 予約締切日:2017年05月29日 アイ


映画は上映劇場が限られてたし、期間も短かったので観れなかった方が多いと思うのです。ツイッターでもそんな嘆きをちらほら拝見しました。チャンスがきますよ☆セルと同時にレンタルも開始なのでツタヤへGO!でもいいですけど、セルDVDが特典映像(20分)がついて価格4000円切るって激安じゃない? 楽天ブックスさんは25%OFFで予約受付中だったわ(*≧m≦)お手頃価格なので一家に1枚(笑)ぜひぜひぜひー!特典映像なんだろうなぁ?初日舞台挨拶のレポートとかかな?撮影のNG集とか筑波ロケレポートとかがあったらうれしいなぁ(*´ヮ`从)6月2日が楽しみだわーん♪

さて。
こちらのブログでは特に書いてなかったと思うのですが、1か月ほど前にガラケーからスマホに機種変しました。この機会に自宅にWI-FI環境を整備したおかげもあって、この1か月のデータ使用量は2GBを超えなかったです。んー?!じゃあ契約5GBもいらないかなぁ?先日長期利用優待でデータ2GBプレゼントされた(←3カ月に一度もらえるらしい)けど、この調子じゃもらっても使い切れなさそうだな(^_^;)もっと積極的に使ってみようかしら。auスマパスのアプリ取り放題ってほとんど最初から入ってるのばっかりで使えない(-゛-;)…と思っていたけど、よくよく見たらナビタイムとかスケジュール帳などの有料アプリがスマパス会員用は無料ってのがあったりするのですね!早速インストールしたわヾ(*´▽`*)ノ操作に慣れるのが大変で、まだまだ思い通りにいかないこともありますが、おおむね順調。便利ですねスマホ☆まだ月々の支払いはスマホ料金になってないので(←たぶん来月は機種変手数料とかもあるから目ん玉飛び出ちゃう金額だと覚悟はしてる)そういう話はまた来月あたりに書くかなぁ。

さてさて。
なんか書きそびれてずーっと残ってるネタを今日は一気に書いちゃおうかな。鉄道系のコミックスなどのお話。鉄子なので、鉄道モノは、気になってしまうんですけど、絵柄とかストーリーとかが自分好みじゃないとなかなか手が出ないんですよね。そんな私が昨年ド嵌りしたのがコチラ。
画像
銀彩の川」です。1巻が昨年3月に出ました。東凪鉄道という鉄道会社を舞台にしたお話です。主人公は新米の指導車掌さん。生い立ちと過去にトラウマがあるらしい。 そんな主人公の元に車掌見習い生がやってくる。超エリートで天才肌完璧主義。運転士を目指していて車掌業務はそのための通過点に過ぎないと思っている。合理主義で常にクールな印象だが、心の中には運転士への熱い思いがあるらしい。鉄道会社が舞台ということもあり、車両はじめ駅の構造から路線、沿線の設定などとても細かく綿密ですばらしいのです。東凪鉄道が実在するかと錯覚するようなリアリティ。だからこそ、鉄道マンである主人公たちの人間ドラマが生きてくるのです。鉄道マニア向けなわけではなくて、普通に人間ドラマとして面白いストーリーなんですよね。でもよくよく観察するとあちこちに鉄道マニアをうならせる要素がちりばめられてる。絵柄がわりと好みだったのでジャケ買いで手に取った1巻でしたが、すっかり嵌りました。そして昨年末に待望の2巻が発売されました。が、「あれ?…完?!って2巻で終わりなの?」1巻を読んだときはそんなすぐに終わりそうな気配はなかったので不思議に思って読みました。が、2巻を読んでもその気持ちが変わらず。なんでこれで完結なの?…その理由は年が明けてしばらくしてわかりました。この作品で鉄道関連の監修をされていた黒田一樹さんがお亡くなりになりました。昨年がんが発見されて療養されていたそうです。人間ドラマとしても面白い漫画だったのでこれで終わりになってしまうのはもったいないです。でも黒田さんの監修なしでこの先、東凪鉄道を走らせるのは無理でしょう。惜しい。ほんとに惜しいです・゚・(ノД`;)・゚・
銀彩ロスに陥った私の元にやってきたのがコチラ。
画像
ぱらのま」です。1巻が今年の1月末に出ました。主人公は鉄子さん。思いつくまま気ままな乗り鉄旅を描いています。たとえば、第1話。デパートの駅弁イベント帰りに「せっかくだから電車に乗って駅弁食べたいな。」と思い立ち、特急かいじに乗ってひとまず大月まで行ってしまう。その先は「富士山の近くまで行ってみよう」と富士急行へ乗り換えて…。こういう旅って私には全くない要素なのでなんかすごく惹かれました。ノープランでいきなり特急乗るとかありえないもの。でもなぜ特急かいじを選ぶかの理由はしっかり鉄子目線で頷けちゃう。思い立ったが吉日じゃないけど、ふと気になったらそこで降りる、何か引っかかったら乗って行ってみる、なんてめっちゃ贅沢に感じます。こんな旅してみたいなぁ(*´ヮ`从)…たぶん私には無理だろうけど。憧れます。
そして、まだ読んでないけどすごく楽しみな本がコレ。
画像
「7年で消えた王子様の話」です。同人誌の小説で昨年の夏コミ新刊です。鉄道の擬人化って私はあまり好きなジャンルじゃないし、小説も普段それほど読まないんだけど、なんかすごく引っかかったので買ってみました。光明電気鉄道という静岡県内に実在した鉄道のことを描いているそうです。昭和初期にホントに開業からわずか7年で廃線になってしまった鉄道らしいですね。実話がドラマチックなのできっと面白いんじゃないかな?楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
bisbiglio di oggi 170309 bisbiglio/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる