bisbiglio

アクセスカウンタ

zoom RSS bisbiglio di oggi 180710

<<   作成日時 : 2018/07/10 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はロマンスカー7000形LSE定期運行ラストラン・゚・(ノД`;)・゚・

偶然ですが、今日はもともと有休を取得しておりました。そこにLSEラストランの情報が飛び込んできたのです。こ、こ、これは!乗るしかない!(☆▽☆)

特急券の発売は乗車日の1か月前の朝10時開始。なので6月10日です。この日が平日だったら特急券を手に入れるのは無理でしたね。偶然ですが日曜日でしたのでPCに張り付いて10時になると同時にダメもとで展望席を取りにいってみました…・が、あえなく玉砕(←想定内)したので一般席を確保しました。
ラストラン当日のLSEは新宿発のはこね23号→箱根湯本で折り返し、はこね22号→新宿駅でセレモニーのあと、はこね41号→箱根湯本で折り返し、はこね34号→新宿で折り返し、ホームウェイ83号(この日だけ特別に片瀬江ノ島まで延長走行)というスケジュール。さて、どれに乗ろうか。熟考の末、はこね22号を選びました。そして当然、乗るなら始点から終点までです!!

というわけで。
本日、まずは箱根湯本へ。

着いたら強羅行のホームにモハ2形ヾ(*´▽`*)ノ
画像
ロマンスカー3000形SEの塗装を模したモハ2形108号に会えるとは!LSEはこの伝統のカラーリングを受け継いだロマンスカーなだけに感激です。

せっかく湯本まで来たのでソフトクリーム食べてきました。
画像
写真撮ってる間にどんどん溶けてきたのでこのあとは時間との闘いみたいになりました(笑)箱根湯本辺りではまだ全然避暑地感ないですね。暑かったです(*´Д`)=з

駅に戻ってきました。
画像
LSEだけ満席(笑)かなり人が多くなってきていたので、あわてて場所取りしました。あとはLSEの到着を待つだけです。1本前のはこね20号(EXE)は皆さん予行練習とばかりに撮りまくっててシャッター音が響きました。マシンガンのような連写・・・すごいなぁ。

ついに。LSE到着!!
画像
本日のメインカメラとして持って行った撮りかけのフイルム入りミノルタの一眼レフ。あと4枚くらい撮れるはずで、今日撮りきるつもりで持ってきていたのですが、1枚撮ったら自動巻き戻しが始まってしまった(*゚ェ゚ノ)ノえー!!!うそーん!!新宿でも使う予定だったのに!Σ(T▽T;)
画像
撮るのに夢中になってると乗り遅れそう(>▽<;;あわてて乗りました。
画像
ブルーリボン賞の記念プレート。展望席車両(箱根湯本側)にありました。
画像

13:48はこね22号は静かにゆっくりと箱根湯本を発車しました。小田原までは登山鉄道の線路を走ります。カーブが多く勾配もきついのでゆっくり進みます。緑がまぶしい山路をLSEが走る姿を想像するとめちゃめちゃ萌える。オレンジバーミリオンが映えるよなぁ(*´ヮ`从)そんな絵になる光景も明日からはもう二度と見られないからでしょうか。小田原までのこの登山鉄道区間にはすごく鉄さん多かったです。

小田原駅では少し長めに停車します。その間に運転士さんからご挨拶がありました。(とっさにスマホで録音した!)

ご乗車のロマンスカーLSE7000形は1980年にデビューをいたしました。今日まで38年間、多くのお客様にご乗車いただき、また、愛されてまいりましたが、新型ロマンスカーGSEに後を託す形で、本日をもって定期運行を終了となります。
比較的新しいVSE、GSEなどと比べると、アナログな要素が多く、運転するには大変気を使う車両ではございましたが、同時に乗務のし甲斐のある魅力的な車両でもありました。
今日までLSEを愛してくださった多くのお客様、また沿線の方々、そして長きにわたり走り続けてくれたこの車両に感謝の気持ちを込めて、本日ハンドルを握ります。
ご乗車のお客様、LSE車内でのひととき、どうぞごゆっくりとおくつろぎ、またお楽しみください。

ラストラン独特の雰囲気に浸りながら小田原を出発。大きなカーブを抜けたら一気に加速していきます。最初に通過する足柄駅ではホームで駅員さん総出でお見送りしてくださってました。一瞬で通り過ぎてしまったのですが、みなさんが笑顔で手を振ってくださってて感激(T∇T)
画像
次の停車駅、秦野に着くまでの間に、記念乗車証が配られました。
画像
山間ののどかな風景から田園地帯を抜けて車窓の風景はどんどん都心に近付いていきます。様々な場所に鉄さんがいて写真を撮って、手を振ってくださっていました。それぞれが、LSEのラストランの姿をどこでどんなふうに収めようか、思案してその場所を選んでいる。そこから見える風景は?どんな写真が撮れるんだろう?それを想像するのがすごく楽しかったです。
相模大野に到着する少し前に、車掌さんから「相模大野車庫では職員がお見送りしております。どうぞ左手側をご覧ください。」と案内がありました。
画像
相模大野を発車すると、もうよく知った風景ばかりになります。でも今日はなんだか新鮮でした。喜多見駅でもホームの端っこに職員さんが並んでお見送りしてくださってました。そしてホームが地下にある駅などにも鉄さんがいてちょっとビックリ。でも最近のデジカメなら地下でも問題ないのか。地下区間を走る姿とか、地上に出るところなどはドラマチックな風景だから撮ってみたいけど、フイルムだと厳しいのでうらやましいですねぇ。代々木上原駅では親子連れ(ちびっことママ)がお見送りしてくださっていたのが印象的でした。クレヨンで「LSEありがとう」って描いた画用紙持ってたんですよ。LSEは大人にも子供にもすごく人気があったなぁ。展望席があって、デザインも秀逸だったLSE。古さを感じさせないカッコよさがありました。

新宿駅に到着してしまいました。できればこのままずっと乗っていたいくらい、すごく快適で楽しい時間を過ごせました。余韻を味わう間もなく、ホームが近づいてきたら一気に非日常の光景が広がりました。すごい人!(*゚ェ゚ノ)ノホームにびっちりと鉄さんが!セレモニーはすでに始まっているようです。マスコミもきているのでとんでもない人だかり。
画像
新宿駅の駅長さん(らしい)がお見送りに立ち、はこね41号発車です。
画像
画像
さようなら。ありがとうLSE。私のラストランイベントはここでおしまい。このあとのLSEの様子はツイッターで見てました。大きなトラブルもなく天気にも恵まれて最高のラストランになったなぁと思います。
画像
そのうちホームからなくなってしまうだろう、乗車位置表示とか、記録として撮っておきました。明日からもうLSEが走る姿を見ることはないんだなぁ。なんだか不思議。9月末のイベント列車がほんとのラストランなのかな?そのあと、おそらく今年の小田急ファミリー鉄道展には展示されることでしょう。是非展示してほしい!それがLSEに会えるラストチャンス??ロマンスカーミュージアムが完成するまでしばらくお別れになりますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
bisbiglio di oggi 180710 bisbiglio/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる