bisbiglio

アクセスカウンタ

zoom RSS 万博13回目:ビクトリア号

<<   作成日時 : 2005/07/21 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 人類史上初の世界一周航海を成し遂げたスペインの帆船ビクトリア号。1992年のセビリア万博で再建されたその忠実なレプリカを修復し、2005年愛地球博のスペインパビリオンの一部として再び世界一周の航海へ。当初の予定では日本到着は開幕に間に合うはずでしたが、途中、嵐にあって帆船の命であるマストが折れてしまい、修復に時間がかかったため名古屋港に到着したのは6月に入ってからでした。現在一般公開中です。
 名古屋港の地下鉄の駅を下りて看板をたよりに進むと遊覧船乗り場の先に停泊しています。すごく小さな船ですね。この船で世界一周をしたとはびっくりです。平日のためかぜんぜん混んでいませんのですぐ乗船できました。公開されているのは甲板の上だけ。船なので当然揺れます。階段が急で狭いので結構怖いです。


船長室は入口に一歩くらいなら入れます。その奥は立ち入り禁止にになってました。中に入ったらひんやりして涼しかったんです。もちろん500年前の帆船のレプリカですからクーラーなんてついてるはずもないんですけど、外は35度を超える猛暑なのにこの船長室のひんやり加減はなんなんでしょう?謎です謎。何かひんやりさせるような目に見えないものでもいたんでしょうか?
{{{{( ▽|||)}}}}

スペインパビリオンの一部というだけあってちゃんとスタンプが設置してあったのはすばらしい!長久手会場のパビリオンのと同じかぁ・・・と思ったら違ったんですよ!\(◎o◎)/絵柄はどちらもビクトリア号を使ってるんですが長久手会場のパビリオンは「EXPO2005 AICHI」と入っているのに対してビクトリア号のスタンプは「NAO VICTORIA」と入ってます。この細かい配慮がすばらしいですね!

 ビクトリア号を見終わって携帯で万博の様子をチェックしたら今日はすごく空いてるみたい!これはチャンス!行かなくては!名古屋港から一路万博会場を目指します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
万博13回目:ビクトリア号 bisbiglio/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる